病気

犬を飼う前の準備(お金編)

こんにちわ、リオンパパです。
ワンコとの生活を始めたいけど、お金ってどれくらいかかるんだろう。
小型犬ならそんなにかからないかあ。

一番最初に思いつく疑問だと思います。

この記事を読むとこんなことがわかります
  • 犬との生活をする前に準備しておく費用
  • 毎月どれくらいお金がかかるか。
  • 自分経済状況でワンコと幸せな生活を送れることができるのか


それではいきましょう。

結論


ワンコとの生活を始めるために、飼い主様の最低限の経済条件は以下の通りだと考えます。
・犬のために即使えるキャッシュ100万円以上
・毎月2万円以上犬に使える余裕のある方

それぞれ解説します。

ポメラニアン リオン

即使えるキャッシュ100万円以上

モフ

100万円って、ちょっと多くない!?そんなにかからないでしょ!?


確かに、健康で大きな病気もないワンコであれば日々の暮らしにそんなにお金は必要ではないです。
しかし、ワンコも生き物です。
ケガや病気をすれば通院をして治療する必要がありますし、一生に一回ですが避妊・去勢手術を行うのが一般的です。

小型犬の場合、ケガや病気をしたときの手術費用の平均は60,000~80,000円ほどに。
通院や入院を含めると、処置の内容にもよりますが300,000円以上になる場合もあります。
(動物病院は人間の医療機関と違い自由診療なので、施設によって差があります。)

心臓の外科手術が必要になるとさらに高額で、1回あたり130万円が相場になるようです。

こういった万が一の場合に備えて、最低でも100万円のキャッシュ(+動物保険に加入)があれば金銭的理由で処置を受けさせてあげられないということはほぼなくなるのではないかと思います。


まあいざとなったら親から借りればいいや、最近はクラウドファンディングとかもあるし。
もし借りられなかったら、もし費用が集まらなかったら…
最悪のことを考えてほしいです、金銭面で不幸になってしまうワンコが増えないように心から祈ってます。

毎月2万円以上

モフ

毎月2万円もかからないでしょ!?

毎月常にかかるのはドッグフードとトリミング、ペットシーツくらいでしょうか。
確かにこれら合わせても、小型犬なら1万円以下で済むと思います。
しかし、1年単位で考えると、これ以外にも必要になるものがたくさんあります。

  • フィラリア予防薬(約6,000円)
  • フィラリア検査(約5,000円)
  • ノミダニの予防薬(約9,000円)
  • 狂犬病ワクチン(約4,000円)
  • 混合ワクチン(約5,000円)
  • ペットホテル(約5,000円/回)

これに加えてパピーの時はパピー教室やしつけ教室などにも参加するとお金がかかります。
平均すると月に2万円くらいは平気でなくなります。

飼い始めてから「やっぱりダメだった、飼えないわ!」という方がひとりでもいなくなることを願います。

ポメラニアン リオンの場合


私の場合ですが、上記知識はリオンを飼い始めてから勉強しました…すみません。

ノミダニの薬たけえ・・・毎年のワクチンたけえ・・・と最初は困惑しました。

今後使ってる薬の詳細についても発信したいと思います。

飼い始めてからのギャップが少しでも埋まるよう、これからワンコとの生活を始めようとしている方には是非とも知っておいてほしいと思いまとめました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA