犬のからだ

【犬の乳歯が生え変わる時期】抜けたときの注意点を解説!

こんにちは、リオンパパです。

犬にも歯の生え変わり時期があります。
乳歯から永久歯に生え変わるとき、違和感から口を動かすことが多くなったり、おもちゃに血が付着するようなら、乳歯から永久歯に生え変わろうとしている時期かもしれません。
今回は、犬の乳歯の生え変わり時期や生え変わり時期の注意点について解説します。

乳歯が生え変わる時期

犬の乳歯の生え変わり時期は、犬の種類や成長具合にもよりますが、基本的に生後4~6ヶ月目くらいから生え変わりが始まります。
乳歯から永久歯に生え変わる時期になると、口の中に違和感を覚えて口を盛んに動かしたり、おもちゃを普段より執拗に噛み続けることが多くなります。

28本の乳歯がすべて永久歯になるのは、生後7~12ヶ月頃です。永久歯が全部生えそろうと、全部で42本になります。

乳歯が生え変わる時期の注意事項

乳歯の生え変わり時期は歯茎に負担がかかるので、固いおもちゃは与えない方が良いでしょう。
食事についても、ドッグフードなど固めの食事で犬が食べにくそうにしていたら、水分を加えてやわらかくしてあげましょう。

乳歯が生え変わる時期は、食事の様子を注意して観察することをおすすめします。
抜けた乳歯が見つからない!ということがありますが、おそらく食事の最中に抜けて、そのまま飲み込んでしまった可能性が高いです。

万が一、乳歯を飲み込んでしまっても便と一緒に排出されるので心配する必要はありません。

おもちゃを噛んでいるときに抜けることもあり、その場合はおもちゃに小さな乳歯がくっついていることもあります。
乳歯が抜ける際に少量の出血が伴うこともあります自然に止まるので心配ありません。
出血が多いなど異常が見られる場合は、動物病院で診察を受けましょう。

乳歯遺残に注意

乳歯が抜けきらないうちに永久歯が生え、口の中に乳歯が残った状態を乳歯遺残と言います。放っておくと以下のようなリスクがあります。

  • 永久歯がきちんと成長できず、歯並びが悪くなる
  • 歯石が溜まりやすくなる。
  • かみ合わせが悪くなる

永久歯が生え始めて2週間くらい経っても乳歯が抜けない、7ヶ月を過ぎても乳歯が残っているなどの状態が見られたら、動物病院に相談しましょう。

まとめ ポメラニアンリオンの場合

リオンは6カ月までにすべての乳歯が抜けました。
当時ひっぱり遊びに夢中で、おもちゃに血が付着するので抜けるタイミングはすぐにわかりました。
ひっぱり遊びは乳歯が抜けやすいのでおススメです。

たまたまですが、すべての乳歯を飲み込むことなくGETすることができ、大きい乳歯は記念に今も残してあります。笑

永久歯がきちんと生えそろうことは、犬の健康を守るためにも重要なことです。
子犬と暮らしている方は、普段から乳歯が残っていないか、永久歯はきちんと生えているかなど、口の中に異常がないか普段から確認をしましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA